• P浜ねっとの利用方法について
  • 在宅薬剤(居宅療法)管理指導依頼書
  • 医師・ケアマネージャーの方へ
  • 病院薬剤師の先生方へ
  • ケアマネさんからのQ&A
  •  
     
     
    P浜ねっと
    浜松市薬剤師会在宅支援ネット(P浜ねっと)のご案内

    <はじめに>

     現在、浜松市では、医師を中心とした多くの医療スタッフが積極的に在宅医療に取り組んでいます。国の政策も在宅医療を推進する方向で改定が行われており、緩和ケア普及の為の地域プロジェクトも進んでいる状況です。今後も在宅療養を希望する患者が増加することが予想され、薬剤師の立場にあっても医療の質を維持向上させて行く為に、幾ばくかの役割を担う必要性を感じています。
     しかしながら、そんな中で保険薬局薬剤師の対応は未だ遅れを取っており、患者やスタッフの皆様の信頼を得られているとは言い難い状況です。
     こうした様子に危機感と責任を感じ、浜松市薬剤師会では、“力を合わせれば一人薬剤師でも訪問指導に行ける”を目標に浜松市薬剤師会在宅支援ネット(通称:P浜ねっと)を作りました。
     ネットワークを作ることで、各薬局が在宅に取り組む際に、さまざまな負担が一度に集中したとしても、お互いが協力し合いながら在宅医療活動を無理なく継続していける。また、患者さんや開業医の先生方、看護師さん、ケアマネさんなど在宅にかかわる全ての人と連携をとることで、私たち薬剤師がお役にたてるとともに、情報を共有することで薬剤師としてもレベルアップを図っていけることとおもっております。
    P浜ねっとには、浜松市薬剤師会の各地域の薬剤師が参加しています。

    <活動の目的>

    1) 訪問薬剤(居宅療養)管理指導等を行うことによりグループとして在宅医療の受け皿となる。
    また他の医療スタッフによる患者への説明等の手間も省け、薬剤に対する理解も深まり、デリバリーについても患者や御家族の負担が軽減する。(在宅への薬剤の配達、管理、指導の分野を担当)また、グループ内の連携により緊急時の対応を行う。
    2) 薬薬連携を組み、患者に対し可能な限り継続的で効果的な在宅医療を提供する。
    3) 薬局相互に薬剤管理上の相談を行い、さまざまな医療情報、医薬品情報を共有することにより医療の質の向上を目指す。

    <活動方法、活動内容>

    P浜ねっとの参加薬局は、基本的にいつでも対応可能で、メールなどによる連絡が可能であることを前提とし、在宅訪問において連携を組む。
    このため各薬剤師は常に連絡可能な通信手段を確保し、お互いそれを共有する。
    具体的には携帯電話、電子メール環境を整備する。

    <役割と職務>

    1)担当薬剤師:訪問薬剤(居宅療養)管理指導を主に実施する薬剤師
    担当薬局として訪問薬剤(居宅療養)薬剤管理指導を行う薬剤師とそれを補佐するサポート薬剤師からなる。担当薬局薬剤師は患者の居住地域を考慮して決められる。さらにサポート薬剤師が薬剤管理指導の分担や緊急対応を担う。
    2)サポート薬剤師
    担当薬局薬剤師と共に患者と面会しておく事もある(但し主治医の了解をとる)
    担当薬局薬剤師が所用等で訪問活動ができない時に対応する
    訪問薬剤(居宅療養)管理指導料は算定しない(通常の薬学管理料の算定)
    薬剤管理指導を行った内容を主治医等へ報告する
    以上の事で担当薬局薬剤師の負担を軽減し役割を分担しながら活動を行う。
    このように、いかなるケースにおいてもきめ細かく対応できるシステムを構築していく。

    また、当会の取り組みについて

    1)訪問薬剤(居宅療養)管理指導を依頼する患者の退院時カンファレンスへの参加(退院時共同指導)
    2)メーリングリストを活用した情報の交換
    3)会員薬剤師の知識・技術向上のための研修会(毎月一回のペースを目標に)
    4)学会等への研究内容の発表と業績報告(今後の目標として)
    5)在宅医療活動スタッフ(医師、看護師等)への医薬品情報提供
    以上、浜松市薬剤師会在宅支援ネット(P浜ねっと)は立ち上げたばかりですが、今後、在宅医療に対して意欲を持った薬剤師が増えていくことと思います。これからは浜松市を中心とした患者の皆さんの快適な療養のために少しでもお役に立てるよう精一杯努力していきたいと考えています。我々は、訪問薬剤(居宅療養)管理指導等の活動とともに、地域医療ネットワークの中で必要とされる薬剤師となれるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

    浜松市薬剤師会在宅支援ネット(P浜ねっと)世話人会

    <世話人会>

    代 表:曽布川 美登理(薬局フォーリア)
    管理者:富田 治(医薬分業推進支援センター浜松)
    世話人:浜松市薬剤師会在宅介護委員

    ---平成21年9月---
     
     
     
     
     
     
     
    Copyright (C) 2014 一般社団法人浜松市薬剤師会. All Rights Reserved.